×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

お米を贈る意味とは?シーン別で紹介~低農薬のお米なら中村農研へ~

お米は近年その豊富な栄養素に注目が集まっており、その人気は今や日本に留まらず世界中に広がっています。そのような多くの方々から愛されている「お米」は、昔から「縁起の良い贈り物」としても重宝されています。

シーン別!贈答品としてのお米について

シーン別!贈答品としてのお米について

特別な日にお米を贈る意味について、シーン別でご紹介いたします。

結婚祝いや出産祝い

結婚祝いや出産祝いにお米を贈る場合は、いわゆる「縁起物」としての扱いになります。「米」という字は「八十八」と書くことから、「末広がりがさらに広がる」という意味があります。また、稲穂に連なる様子が子孫繁栄を連想させることもあり、出産祝いの贈答品としても人気です。

新築祝い

お米は毎日食べるものでいくらあっても困らないということから、新築祝いにも最適です。スーパーなどでは手に入らない特別なお米を贈れば、きっと喜んでくれることでしょう。

内祝い

日本人から最も愛されている食材である「お米」を贈ることで感謝の気持ちを伝えることができます。上司・部下・親族・友人など、立場の上下に関係することなく贈ることができるため、贈る方に合わせてお返しを選ぶ手間もかかりません。

お中元やお歳暮

お中元やお歳暮は、お世話になった方へ贈るものです。「米」という時の「八十八」には八十八の神様が宿っているという意味もあるため、お世話になった方の健康や幸せを願う贈り物として最適です。

お葬式の返礼品

「故人からの最後の感謝を込めた贈り物」として、日本人の主食として古くから馴染みのある「お米」を返礼品に選ぶ方が多くいらっしゃいます。

このように、それぞれのシーンごとにお米を贈る意味に違いがあります。長い歴史に渡って愛され続けているお米を贈ることによって、喜ばれること間違いなしです。何かお祝いの品物を考える際は、お米を検討してみてはいかがでしょうか。贈答用としてこしいぶきをお取り寄せしようとお考えの方は、中村農研の通販をご利用ください。中村農研は低農薬にこだわり、有機質を使用した循環型農業で米づくりを行っています。こしいぶきは、「ひとめぼれ」と「どまんなか」を親に作られた新潟県のオリジナル品種です。粘り気の少ないため、あっさりとしたお米が好きな方にこしいぶきはおすすめです。贈答用にはもちろん、ご自宅用にもぜひ中村農研の低農薬のお米をお買い求めください。

低農薬のこしいぶきをお届けする中村農研

ショップ名 中村農研
所在地 〒945-1432 新潟県柏崎市善根5454-1
電話番号 0257-27-2523
FAX番号 0257-27-2539
メールアドレス info@nakamuranouken.jp
ホームページ https://www.nakamuranouken.jp