×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

知っておきたい!有機JAS規格の基準や意味について~低農薬のお米なら中村農研へ~

農産物や加工食品などにおいて、しばしば「これは有機JAS規格だから安心」と言うような表現を耳にするかと思いますが、一体どのような意味で安全なのでしょうか?また、どのような基準を満たすとこの有機JAS規格を取得することができるのでしょうか?

JAS規格が設けられた目的や背景とは?

JAS規格が設けられた目的や背景とは?

JAS制度が定められる前は、成分や生産方法などに関係なく「有機」という表示が付けられていました。それにより、消費者の商品選択に支障が生じていたのです。

そのため、有機農産物並びに有機農産物加工食品(原材料のほとんどが有機農産物である有機加工食品)においては「有機JASマーク」が付けられたものでなければ「有機」「オーガニック」などを謳って表示することを、法律で禁止しするJAS制度が設けられました。

JAS規格に適合した生産が行われ、登録機関に認定された事業者のみが「有機JASマーク」を貼ることができます。

有機JAS規格の認定基準とは?

有機JAS規格の認定基準とは?

有機JAS規格は、品目によって「有機農産物」「雪畜産物」「有機加工物」「有機飼料」の4種類に分けられます。それぞれについて認定基準があるのですが、こちらではお米・野菜などが関係する「有機農産物」の基準について簡単に説明します。有機農産物の基準は、以下の通りです。

  • 禁止されている農薬や化学肥料を2年以上使用していない田畑で種まき、または植え付けを行うこと。
  • 栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料を使用しないこと。
  • 遺伝子組換え技術を使用しないこと。
  • 周辺から使用禁止資材が飛来・流入しない一定区間で栽培すること。

など

有機JASマークの有無の意味とは?

有機JASマークは、JAS規格の条件をきちんと満たした食品にのみ付いています。もちろん、国の指定する認証検査に合格しなければ有機JASマークを取得することはできませんし、付けることもできません。他の認証と比較して、有機JASマークの認証検査はとても厳しいと言われています。そのため、有機JASマークが付いているということは安心と信頼の証とも言えるのです。

中村農研では、魚のアラを使ったリサイクル有機肥料「元気ゆうき君」を用いた循環型農業を行っており、低農薬の米づくりに取り組んでいます。様々なコンテストで入賞しているお米を扱っており、どれも低農薬のため安心してお召し上がりいただけます。アミロースが少ないお米を探しているという方には、ミルキークイーンをおすすめします。ミルキークイーンはコシヒカリの突然変異からできたお米で、低アミロース米の代表格です。もちもちとした食感がありながら、一粒一粒がしっかりしているのが特徴で、料亭やホテルなどでもよく使われます。ミルキークイーンの他にもゆうだい21やこしいぶきなどもご用意していますので、低農薬のお米を通販でお探しの方はお気軽にお取り寄せください。

低農薬のミルキークイーンを販売する中村農研

ショップ名 中村農研
所在地 〒945-1432 新潟県柏崎市善根5454-1
電話番号 0257-27-2523
FAX番号 0257-27-2539
メールアドレス info@nakamuranouken.jp
ホームページ https://www.nakamuranouken.jp